番号をタップすると電話がつながります
(スマホご利用のとき)

※初回相談は無料です
(面談30分・メール1往復まで)

mailsoudan

離婚協議書・公正証書のご相談は行政書士へ

行政書士は、皆様からの相談に応じ、各種の書類を作成することを通じて、皆様の暮らしと財産を守ります。

離婚協議書や公正証書の作成に関してご心配なこと、お困りのことがありましたら、足立・葛飾離婚協議書相談室(行政書士さくら法務事務所)へお気軽にご相談ください。行政書士が関与することにより、離婚協議書・公正証書の作成をスムーズに進めることができます。行政書士の職務範囲を超える案件については、弁護士など他士業の専門家をご紹介いたします。

また、行政書士には法律で守秘義務が課せられています。業務上お伺いしたことを他人に漏らすことはありません。どうぞ安心してご相談ください。

あなたの再出発のお手伝いをします

離婚して新たな一歩を踏み出すにはエネルギーが必要です。やらなければならないこと、考えなければならないことがたくさんあります。

行政書士さくら法務事務所は、予防法務の専門家(転ばぬ先の杖)・行政書士として、離婚に関するご相談に応じ、各種の書類を作成することを通じて、「人生のリスタート」のお手伝いをします。離婚を決めたら、離婚届を出す前にぜひご相談ください。

女性行政書士がご相談に応じます

弊所では女性行政書士がご相談に応じています。離婚問題に直面する女性のお悩み、ご心配に親身に寄り添います。どうぞお気軽にご相談ください。

口約束はトラブルのもと。書面化しておきましょう

離婚するに当たっては、財産分与をどうするか、養育費の額や期間をどうするか、慰謝料を支払うか否か、支払う場合にはいつまでに幾ら支払うかなど、取り決めておかなければならないことがあります。

そして、話し合いの結果取り決めたことは、必ず書面化しておくべきです。単なる口約束では、相手方が取り決めたことを守らなかったとき、実行させることが非常に難しくなります。

行政書士さくら法務事務所は、書類作成の専門家・行政書士として、財産分与、養育費、慰謝料などについて取り決めた内容を離婚協議書として書面化いたします。離婚協議書の作成に当たっては、後々トラブルが生じないよう、お二人のお考えや合意内容をきちんと反映し、正確で、かつわかりやすい書面を作成いたします。

公正証書をおすすめします

離婚協議書を公正証書にし、執行認諾約款(契約を守らなかったときには直ちに強制執行をされても異議はない旨を述べた条項)を記載しておくと、養育費や慰謝料などの支払いが滞ったとき、簡単な手続で強制執行(差し押さえ)をすることができます。

特に養育費については、支払い期間が長期にわたるため、相手方の経済状況の変化などによって支払いが滞るリスクがあり、執行認諾約款を付した公正証書にしておく必要性は高いと言えるでしょう。

行政書士さくら法務事務所では、離婚協議書を公正証書にするサポートをしています。書面の作成、公証人との打ち合わせなどを代行し、ご依頼者の負担を減らします。

こんな場面でお役に立てます

  • 離婚協議書を作成したい。
  • 離婚協議書を公正証書にしておきたい。
  • 財産分与、養育費の支払い、慰謝料の請求を内容証明で行いたい。

※秘密厳守

行政書士には法律で守秘義務が課せられています。業務上お伺いしたことを他人に漏らすことはありません。どうぞ安心してご相談ください。

出張相談いたします(休日・夜間対応可)

ご自宅や施設・病院等へお伺いし、お話を伺います。高齢の方、外へお出かけになるのが難しい方もお気軽にご相談いただけます。また、小さいお子様がいらっしゃって外出が難しい方につきましても、ご都合に合わせて対応いたします。

平日夜間(20時まで)や土日休日の対応も可能です。下記の地域への出張相談に関しては、通常の相談料のみで承ります(出張費はいただきません)ので、どうぞお気軽に足立・葛飾離婚協議書相談室までお問い合わせください。

※出張相談対応地域

  • 東京都足立区、葛飾区、荒川区、北区

番号をタップすると電話がつながります
(スマホご利用のとき)

※初回相談は無料です
(面談30分・メール1往復まで)

mailsoudan